おすすめの楽天商品をレビュー!

キッチンのベビーゲートはやっぱり必要!日本育児のベビーゲートは拡張フレームも使えて超便利!

子どもが生まれてから大きくなるにつれ、様々な物に興味を持ち始めるのは嬉しい反面、家の中には赤ちゃんにとって危険なものも多く、親は目が離せませんよね。

我が家では、普段子どもが過ごしている部屋の真横がキッチンです。
一応引き戸で仕切られてはいるのですが、大きくなるにつれ、引き戸を開けてキッチンに出てくるようになりました。

料理の最中は火を使うこともあってできれば近づけたくありません。
そのためベビーゲートを探すことに。

そこで見つけたのが日本育児のベビーゲート「NEWベビーズゲート123」でした。

我が家では開けた引き戸と壁を突っ張る様な形で取り付けていますが、強度も申し分なく、おすすめしたい商品です。

そこで、今回は日本育児ベビーゲートを購入した感想を、具体的に良かった点や口コミ、写真と共にレポートし、おすすめの購入先もご紹介します。

「NEWベビーズゲート123」を使った感想

子どもが揺すっても大丈夫 突っ張りでも頑丈

突っ張りタイプの製品を探していましたが、心配なのは強度でした。
子どもの力は思うよりもずっと強く、全力で揺すって開けようとしてきます。

そのため、ゲートを倒してしまうのではないかと心配していました。
しかし、全く問題ありません。
子どもは毎日ぶら下がってゲートを開けたそうにしていますが、ずれることなくしっかり固定されています。
素材もスチール製で頑丈です。

隙間がちょうどいい 指を挟まない安心設計

子どもがゲートから手を離してくれず、閉める際にゲートに指を挟まないか心配がありましたが隙間が開いており大丈夫でした。

扉開閉部分は大人の指があっても十分な程度の隙間が開いており、万一子どもがその部分を持っていたとしてもゲートを安全に閉められます。

扉の下部分も同様に隙間が開いており、子どもの足程度の厚みのものは挟まらないようになっています。
もちろん子どもの手や足が引っ込んでいる状態で開閉するのが好ましいですが、万一挟まりそうな場面になっても安心な設計はありがたいです。

家に合わせて調整可能 便利な拡張パネル付き

我が家のように、引き戸と壁を突っ張りたい方もいれば、廊下に取り付けたい方、キッチンスペースの入り口に取り付けたい方など、使用したい場面は様々かと思います。

家によって取り付けたい間口は変わりますが、標準セットでは73cmから最長90cmまで拡張できます。

もう少し広い場所に取り付けたい場合は、別売の拡張セットで121cmまで対応可能です。「今はここに取り付けたいが、後々は違う場所に付けたい」などの環境の変化にも対応できるのも良いですね。

片手で開閉可能 子どもを抱っこしていても大丈夫

意外と便利だと思ったのはこの機能。
何か片手に持っていたり、子供を抱えて部屋に入りたい場面などでは便利です。

ロックの解除も子どもは難しい強度ですが、大人なら問題ない程度の力加減で簡単に解除できます。
ゲートをつけることによって、大人にとってはやや生活しづらくなるかと思っていましたが、片手で簡単に開閉できるので煩わしさもなく快適に過ごせています。

また、扉は前後に開くことができ、手を離すと自動で戻るオートアシスト機能が付いています。
さらに、90度以上に開くと扉を開放状態にできる機能もあり、両手がふさがった状態での出入りに非常に便利な作りとなっているんです!

「NEWベビーズゲート123」を写真で紹介

次に、日本育児のベビーゲート「NEWベビーズゲート123」を写真とともにご紹介します。

製品全体は次の様な形状です。
突っ張り部分は上下左右の4カ所で、取り付け方も一般的な突っ張り棒と同様なので簡単です。引き戸にも取り付けできています。

写真の右側が拡張部分。突っ張り部分のネジと同様の突起がついており、嵌め込むことができます。

扉部分の隙間は次の通り。
大人の手があっても問題ない隙間で、子どもも安心です。

ロックは親指で右側部分の部品をスライドさせ、扉をやや引き揚げて開閉します。留め具は上と下の2箇所にあります。両方でロックすることによって、子どもが揺すったりしても安心感があります。

とてもシンプルな作りですが強度も問題なく、安心して使用できていますよ。

日本育児ベビーゲート「NEWベビーズゲート123」の購入はこのショップがおすすめ

私が日本育児のベビーゲート「NEWベビーズゲート123」を購入したのは楽天市場の「NetBabyWorld」です。

では、こちらのショップの口コミを見ていきましょう。

良いレビューを確認すると、

  • 子どもの事故防止に安心
  • 簡単に設置できた
  • インテリアを邪魔せずおしゃれ
  • 開けっぱなしにしておけるのでキッチンへの行き来もラク

などの声が。

取り付けの簡単さはどうしても子ども優先の生活になりますが、家の中は大人も過ごす場所で快適に保ちたいもの。
インテリアにこだわりのある方はあまり邪魔しないデザインのベビーゲートなら嬉しいですね。
子どもがいないときには開けっぱなしにできる点は、私もとても便利だと思っています。

一方、以下のようなネガティブなレビューも寄せられていました。

  • 閉める時のガチャンという音が大きくて少々気になる
  • 壁の下の幅木が7.5cm以上ないと使えない
  • 子どもの膝上から太もも部分が挟まり抜けなくなり大号泣

閉める時の音:
音に関しては、確かに閉める時はガチャンと大きめの音がします。
人によっては気になってしまうのかもしれません。
私も、子どもがお昼寝をしている時など静かにしたい時は、手を添えて丁寧にロックをはめるようにしており、そうするとそこまで音は気になりません。

幅木:
幅木に関してはレビューを見るまで私も気づきませんでしたが、このようなレビューがあることによって我が家では問題ないことが分かり、安心して購入することができました。

柵に挟まる:
柵に子どもの膝が挟まってしまう件に関しては、幸い我が家ではまだ起こっていません。
しかし、子どもの動きは予想できず、この様なことが起こってしまうことも今後あるのかもしれません。

我が家では引き戸部分に取り付けることを想定していたので製品のサイズ等を優先して購入に至りましたが、今後この様子を見つつ使用していく必要があると気づかされました。

上記のようなネガティブなコメントがあるのも、ある意味、いろんな側面から検討するきっかけになります。
これらの様々なレビューを参考に、自分の家の形状に合わせて商品を選択できたので、こちらの商品を購入して私自身は満足しています。

また、楽天で購入することでポイントが貯まったり、時期によってはお得なクーポンも発行されるため、お得にお買い物できるのも嬉しいポイントです。

おわりに

いかがでしょうか。
子どもが安全に過ごすことのできる環境づくりをすることはもちろんですが、自分たち大人も過ごしやすい家に整えることができたら嬉しいですよね。

このベビーゲートを買ってから、安心して子どものいる部分とキッチンを仕切ることができましたし、開閉が簡単なので柵があることによる煩わしさもあまり感じることがなく快適に過ごせています。

たくさんのベビーゲートが販売されていますが、突っ張りタイプをお探しの方や、間口が広めの場所の仕切りに困っていらっしゃる方は、日本育児 ベビーゲートを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です